J-AIR

onwworld

客室乗務員

業務内容の紹介

J-AIRでは現在、エンブラエル社のE170型機、E190型機を保有しており、客室乗務員は2名で乗務します。フライトは日帰りパターンから3泊4日パターンまであり、1カ月に平均8泊程度、就航先に宿泊します。1日の乗務区間数は3〜4区間です。

業務内容の紹介

J-AIRの客室乗務員は、地域と地域を結ぶ航空会社として、すべてのお客さまに快適な時間と空間をご提供出来るよう、親しみやすくあたたかいサービスをつくり上げています。J-AIRは2名の客室乗務員で乗務するので強い責任感が必要です。客室乗務員がお互いを思いやり協力し合いながら運航乗務員や整備士、グランドスタッフとも連携して、安全性を最優先し、定時性・快適性・利便性の面で、お客さまに安心してご満足いただける、より質の高いサービスを目指しています。

業務内容の紹介

お客さまとの距離が近く、お一人おひとりに寄り添ったサービスができることもJ-AIRの特徴です。私たちは、オリジナルのルートマップや似顔絵シール、客室乗務員が手作りしたサービスアイテムで、心地よい時間やアットホームな空間をお客さまに提供しています。また、J-AIRの客室乗務員は、フライトだけでなく、乗務員の育成や機内品質向上のための役割を担うなど、さまざまな場面で、自分自身の能力を活かしながら成長することができます。

業務内容の紹介

客室乗務員を目指している皆さま、JALグループの一翼を担うJ-AIRで、ご自身のこれまでの経験や能力を、ぜひJ-AIRの客室乗務員として活かしてご活躍いただきたいと考えています。私たちと一緒に、日本の空に羽ばたいてみませんか。皆さまとお会いできることを心よりお待ちしています。

ページトップへ戻る