J-AIR

onwworld

機材情報

エンブラエル170(E170)
エンブラエル170(E170)
諸元 E170
座席数 76席
エンジン GE社製 CF34-8E5
航続距離 2,600km
巡航速度 800km/h
全長 29.9m
全幅 26.0m
全高 9.9m

先進的な技術を詰め込んでいるエンブラエル170(以下E170)。特徴的なのは、お客さまに快適なフライトを楽しんでいただける居住性の高さです。胴体は円形を二つ重ね合わせた「ダブルバブル構造」をしており、リージョナルジェット機(一般的には100席未満のジェット機)では最大級の客室空間を実現しています。
また、E170は最新鋭の装備を搭載しており、フライバイワイヤ(電気信号による操縦制御)や高性能エンジン、空地データ通信など最新鋭のシステムが揃っています。

エンブラエル170の特長
最新鋭のグラスコックピット

最新鋭のグラスコックピット

従来のアナログ計器ではなく、複数の計器を5面の大型液晶ディスプレイに集約表示したグラスコックピットを採用しています。M字型の操縦桿が特徴的です。

快適なキャビン

快適なキャビン

通路が広く、また天井も高いので、小さい機体ながらゆったりお過ごしいただけます。開放感のある大きな窓から眼下の景色をお楽しみください。

ゆとりのある化粧室

ゆとりのある化粧室

化粧室は前方・後方の2ヵ所ございます。後方の化粧室は車椅子の方も使用できるように配慮されています。

革張りのシート

革張りのシート

高級感のある革張りのシート。座り心地も抜群です。

広々とした足元空間

広々とした足元空間

すっきりとした足元。窓側のシートが床と壁に直接固定されているので、ゆとりのある足元空間となっています。窓側でも通路側でも快適にお過ごしいただけます。

新しいウインドウで開きますJAL航空機コレクション

エンブラエル190(E190)
エンブラエル190(E190)
諸元 E190
座席数 95席
エンジン GE社製 CF34-10E5
航続距離 3,000km
巡航速度 800km/h
全長 36.2m
全幅 28.7m
全高 10.6m

最新鋭の装備を搭載したE170のキャビンを6.3m延長したエンブラエル190(以下E190)。座席数を増やし、J-AIR初となるクラス Jを設定。より快適な客室空間を実現しました。
大型化により重量は増えましたが、高推力エンジンと強化された着陸装置を装備しており、E170と同水準の運航品質を提供しています。

エンブラエル190の特長
広々とした機内

広々とした機内

広い通路、天井も高く、小型機では最大級の客室空間を実現。足元スペースや座面の広さは、JALグループ国内線就航の大型機の普通席と変わらない水準* です。
* JAL機材777-300、777-200、767との比較。

J-AIR初のクラス Jを搭載

J-AIR初のクラス Jを搭載

クラス J(15席)は通路を挟んで1名掛けと2名掛けというこの機材の空間を活かした2タイプ。

高品質な本革シート

高品質な本革シート

普通席にも高品質な本革を採用。柔らかくなめらかな素材感により、やさしくスムーズにお座りいただけます。

全席アクセス可能な電源コンセントを装備

全席アクセス可能な電源コンセントを装備

機内でスマートフォンやPCの充電が可能。Wi-Fi無料プログラムもバッテリー消費を気にせずにお楽しみいただけます。

新しいウインドウで開きますJAL航空機コレクション

ボンバルディアCRJ200
ボンバルディアCRJ200
諸元 CRJ200
座席数 50席
エンジン GE社製 CF34-3B1
航続距離 3,046km
巡航速度 800km/h
全長 26.8m
全幅 21.2m
全高 6.2m

史上初の50人乗りリージョナルジェット機。開発着手は1989年。ビジネス・ジェットのチャレンジャーを基本とし、キャビンを5.7mほど延ばし、幅2.48mのキャビン左右4席で50人の乗客を乗せ、パイロット2人で運航します。
J-AIRでは最大9機を所有していましたが、2016年から順次退役を開始しました。

新しいウインドウで開きますJAL航空機コレクション

ページトップへ戻る